全国トップ地域トップ岩手県商工会連合会八幡平市商工会トップお店・宿一覧  
Pウイングライト/高原の珈琲工房NELCAFE (Tel:090-6223-1127)
岩手県八幡平市の自家焙煎珈琲豆屋です
オールドコーヒーについて、女性焙煎師・尾形悠利さんはこう語ります。

生豆を強引に枯らせるのではない。
早く美味しくなれとせき立てるのではない。
真価を発揮するために行う神聖な儀式なのだ。
熱帯の汗を背にやってくる農産物は威厳を秘め静かにその時を待つ。
利潤、投機、価格競争、資本原理とは一線を画した立場から
熟成は始まる。
現実的金銭的、即物的価値観から遠ざかり、
それら全てを一度断ち切り清算して、
熟成室の中で過ごす緩やかな時の流れが、
珈琲本来の尊厳を取り戻させ味に磨きをかけ、
別のより豊かな次元の存在に向かって珈琲を
創造的に進化させてゆく。

参照『一人の珈琲屋がいる』著:尾形悠利
 
住所:〒028-7306 岩手県八幡平市安比高原165-10
TEL:090-6223-1127   FAX:0195-73-6834
営業時間:10時〜20時
定休日:水曜日
Pウイングライト/高原の珈琲工房NELCAFEのPRポイント 自家焙煎 / 安比高原 / CAFE / NELCAFE / 喫茶 / 珈琲
携帯サイトのご案内
QRコード
企業データ
企業名: Pウイングライト/高原の珈琲工房NELCAFE
代表者名: 齋藤嘉賢
住所: 〒028-7306 岩手県八幡平市安比高原165-10
TEL: 090-6223-1127 ■FAX: 0195-73-6834
営業時間: 10時〜20時 ■定休日: 水曜日
料金・価格:
CAFEメニュー
○ブレンド\500〜 ポデローサ、バントゥー、アルベルト
○ケーキ\350〜 ガトーショコラ、NYチーズケーキ、ケーキセット
○アレンジ¥600〜 カフェオレ
○トーストセット ¥600〜
○ほうれん草カレー ¥850 

豆売り
○ブラジル \500/100g
○スマトラ・マンデリン \700/100g
○モカ・デカフェ \600/100g
○グァテマラ・ジャイアンツ \800/100g
○マウイ・モカ \1200/100g
○ドリップパック 10ヶ入り ¥800〜
交通・アクセス:JR安比高原駅徒歩30分
高速道 松尾八幡平ICより車で10分
マイホームページ:http://www.hachimantaishi.com/~nelcafe/
珈琲のこと :珈琲豆はコーヒーノキという植物の、コーヒーチェリーという果実の中にある種子を煎った(焙煎した)ものです。主に、缶コーヒーやインスタントコーヒーに使われるカネフォラ種と、喫茶店やカフェで使われるアラビカ種の2種類です。
煎った(焙煎)豆を粉砕して、お湯で成分を抽出したものが珈琲です。
国や品種の違い :昔はよく、コロンビアはコク・ブラジルは苦味・モカは酸味 などと言われていましたが、今はあてにしないで下さい。
お米を想像するとわかりやすいです。
一言で 米 といっても、タイの米・フランスの米、アメリカの米・日本の米...
日本の米でも、岩手の米・秋田の米・青森の米・宮城の米...
岩手県内でも、県南・県北・沿岸...
県北でも、遠藤さんの田んぼ・高橋さんの田んぼ・佐々木さんの田んぼ...
遠藤さんの田んぼでも品種が、ササニシキ・あきたこまち・コシヒカリ...
珈琲も同じです。
単にブラジルといっても、地域・地方・品種などによって味は様々です。また、珈琲も農作物ですから毎年出来が違います。
精製って何? :収穫されたコーヒーチェリーは、精製 されて生豆になります。
精製方法の違いは、国や地域や品種の違い以上に味に大きな影響を与えます。
精製は大きく分けて4種類あり、国や地域や農園によって様々です。非水洗式(ナチュラル)、水洗式(ウォシュト)、パルプドナチュラル、スマトラ式などです。
苦味はダメ? :人間は 甘味・塩味・旨味・酸味 を身体に良いものとして積極的に摂取しますが、苦味 は毒への危険信号で、本来は好んで摂取しません。
しかし人間は、大人になる過程で苦味をたくさん経験する事により、危険なものとそうでないものに分けることを学びます。
珈琲の苦味は 味に挑むことの厳しさと奥深さを象徴し 、苦味を味わい吟味することは味覚が幼児から大人へと発達したことを表している ように思います。
酸味が良い?:珈琲は浅く煎ると酸味が強くなり 、深く煎ると苦味が強くなり ます。また、酸敗した珈琲は嫌な酸味を出します。酸敗や生焼けの酸味をここちよくは思いません。私が考える酸味とは苦味をスッキリさせるものであり、けっして酸っぱいものではありません。いろいろな嗜好があると思いますが、私は 基本的に珈琲は苦い飲みもの と考え、苦味をより味わうために甘味や酸味を操ります。また、豆の個性が一番活かされる焙煎をしますので、個性を活かす為に中煎りにするのは仕方ないと考えます。
アメリカン珈琲:よく耳にする アメリカン とは何でしょう?
日本でアメリカンと言えば 薄い珈琲 のことですね。
アメリカンの歴史はアメリカの独立戦争までさかのぼります。
宗主国であるイギリスからの重税に反発したアメリカ人(ボストン住人)は、ボストン湾に停泊中のイギリス船に乗り込み、積荷の紅茶を海に投げ込みました(ボストン茶会事件)
この事件がきっかけとなり、アメリカは独立宣言をします。
アメリカ人は紅茶の代わりに珈琲を飲み始めましたが、紅茶の味が忘れられず、珈琲豆を浅く煎って薄く淹れた 渋くて酸っぱい珈琲 を紅茶に見立てて飲み始めました。
これがアメリカンの始まりといわれます。
水で薄めた珈琲ではないのです。

生豆の熟成:生豆を定温定湿の環境で5・10・20年...寝かせることをエイジングといいます。
エイジングすれば全てが美味しくなるかといえば、そうではありません。
ほとんどの豆がエイジングするとスカスカになってしまいますから、新しい内に新物の良さを味わうに限ります。
しかし中には、寝かせることによって香気が芳香になりカドが丸くなってより飲みやすくなるものが、確かに存在します。
オールドはダメ?:エイジングした珈琲を(主に5〜10年以上) オールドコーヒー といいます。
オールドコーヒーについては賛否両論ありますが、どれも決定的な論証がないのでここでは語りません。
珈琲は嗜好品ですので、お客様がうまい・まずいを決めてくだされば良いことで、作り手の私たちが「オールドが一番」「新物が一番」と嗜好の幅を限定してしまうのだけは避けたいものです。
ただ、私が美味しいと思うものがお客様の美味しいであることが一番の喜びです。
豆が油っこい!?:表面に油が浮いてきた珈琲豆を悪くなっている証拠とおっしゃる方がいます。
たしかに、高温高湿の環境で長時間なんども空気にさらされた豆は、炭酸ガスと共に揮発性ガスの香り成分が飛び、変わりに酸素と湿気を吸収し
酸化・劣化してしまいます。
しかし、正しく保管された豆ならむしろ油が浮いてしばらくしたら飲み頃なのです。
なぜ飲み頃なのかは別記しますのでご参照ください。
珈琲豆の保存の基本:袋が未開封の珈琲は、粉で3〜7日 豆で3〜5週間
保存できます。
保存の際に避けていただきたいものは、高温 高湿 光です。
上記の要因によっては保存可能期間が短くなることがありますので、ご注意ください。
注文方法・お届け:
公式ホームページ ネルカフェ http://www.hachimantaishi.com/~nelcafe/
メール/nelcafe@hachimantaishi.com
電話・FAX/0195-73-6834
携帯/090-6223-1127
上記の連絡先に、・お名前・ご住所・ご連絡先・商品名・個数・豆か粉か を連絡してください。
FAX・メールの場合、折り返し注文の確認をします。
○メール便 200g以下
○宅急便 200g以上
時間指定のある方は宅急便になります。
お支払い:メール便・宅急便のお支払いは郵便振替になります。
合計金額を記載した郵便振替用紙を同封しますので、住所・氏名・電話番号を明記し、商品到着後1週間以内にお振り込みください。
関連リンク
NELCAFE<公式ページ>
  http://www.hachimantaishi.com/~nelcafe/
NELCAFE<ブログ>
  http://nelcafe.blog.fc2.com/
自家焙煎 /安比高原 /CAFE /NELCAFE /喫茶 /珈琲
Last Updated:2012/07/05